他の相続人から相続辞退の同意を取り付けた事例

依頼者

70代 女性

相手方

夫の兄弟 5人

遺産

預貯金400万円

依頼の経緯

依頼者の夫が亡くなり、預貯金が400万円程度残った。依頼者夫には5人の兄弟がいたが、兄弟間の関係が薄く、没交渉の状態であったので、弁護士に依頼があった。

事情

 
依頼を受けた後、弁護士が戸籍謄本を取り寄せ、相続人を確定、住民票も取り寄せました。
兄弟全員に対して郵便で、「依頼者が生活するためには遺産が必要なので、協議に協力して欲しい。できれば相続分を0にしてもらえないか。」という内容の手紙を送りました。
依頼者が経済的に困窮をしていることと、全額取得できないと今後の生活が不安定になってしまうこととを、具体的かつ詳細に記載したところ、全員から協力をしていただくことができました。
謝礼金の支払も提案したが、全員から辞退の申し出がありました。
相続人全員の同意と、郵便での手続きによって、スムーズに解決することができました。依頼から解決まで、1~2ヶ月のスピード解決でした。