先妻の子に連絡を取り、相続放棄してもらった事例

依頼者

48歳 男性

相手方

遺産

退職金:250万円程度、生命保険:250万円程度

依頼の経緯

4人兄弟一番下の弟が急死し、相続が発生した。預貯金はほとんどなかったが、退職金が250万円、生命保険(受取人の指定なし)が250万円、計500万円の遺産を相続することになった。相続人は遺された兄3人と、父の先妻の娘の計4人であった。父の先妻の娘は徳島に嫁いでおり、関係性もなく、自分達では連絡がしづらいので、当事務所に依頼があった。

事情

 
弁護士が徳島に住む姉に連絡して、「相続放棄か、少額での遺産分割協議に応じてもらえないか。」とお願いをしたところ、姉からは「兄弟との関係もほとんどなく、経済的にも不自由なく暮らせているし、遺産は特に受け取らなくて良いです。」と書かれた手紙を受け取ることができました。
相続放棄をしてもらうのがベストの選択であった。「当方で相続放棄手続きは全て行うので、相続放棄していただけないか。」と姉にお願いしたところ、快く応じてくだりました。
弁護士が丁寧にお願いをすることで、スムーズに相続放棄の委任状を手にする事ができました。
すべての手続きが完了し、残った遺産は3人の兄弟で3分の1ずつの遺産を相続しました。
このケースの場合、相手方が経済的に困っていなかったこともあり、比較的スムーズに解決をすることができました。