大阪千里法律事務所の特徴

 

  1 目標の設定と戦略の提示

  離婚事件では、判決で解決されることはまれで、ほとんどが示談交渉・調停で終結します。示談交渉・調停では裁判官が結論を決めるのではありませんから、示談交渉・調停のやり方の出来不出来が結論に直結してしまいます。

  したがって、離婚事件では当初から目標を設定して戦略を立て、その戦略に従って交渉することが大事です

  当事務所では、まず、依頼者から不利な事情も有利な事情も全て詳しくお聞きして、相談者のご希望もお聞きします。そして、相談者のご希望に最も沿う目標を設定し、その目標を達成するために、総合的・長期的な戦略を提示します。万一訴訟になった場合を想定して、収集しうる証拠を交渉開始前に全て入手しなければなりませんので、相談者に入手すべきもののリストをお渡しして、収集しうるすべての証拠を収集していただきます。

  収集した証拠・相談者及び相手方の状況を分析し、目標を達成するために最も効果的な戦略を立て、その戦略に従って交渉・調停を進めます。

  当事務所には膨大な離婚事件の相談・事件処理に基づく戦略ノウハウがあります。裁判で認められる以上の結果をもたらすテクニックもあります。事実、当方の立てた戦略が見事に決まり、財産分与において、夫婦共有財産の75%を取得したこともあります

  もっとも、予期せぬ証拠が相手方から提出されるなど、当初の戦略を維持できなくなる場合もあります。その場合には、依頼者と綿密な相談を行い、変化した状況に応じて目標を修正し、再度戦略を立て直します。 


 

  2 経験豊富な弁護士

  当事務所は離婚事件に専門的に取り組んでおり、離婚事件だけで年間150件以上の相談をお受けし、常時数十件の離婚事件を処理しております。

  離婚に関する膨大な知識・経験があり、その知識・経験が戦略の立て方・交渉の進め方・目標達成に絶大な力を発揮しています。

  離婚事件は1件1件事情が異なり、目標設定や戦略も事案に応じて適切に決定しなければなりませんので、離婚を専門的に扱っている弁護士に依頼すべきです


 

  3 他の専門家との連携

  当事務所は有能な興信所との連携もあるため、そこで収集した証拠に基づいて不利な状況を打開し、極めて有利な条件で離婚できたことも多々あります。

  また、離婚事件においては、不動産の処分が問題になることが多いですが、これについても連携している不動産会社に査定書等の作成をお願いしており、連携している司法書士もおりますので、不動産・住宅ローン問題も当事務所のみで解決可能です

  このように、当事務所は他の専門家との連携が取れておりますので、離婚に伴って発生する全ての問題について終局的解決が可能です。


 

  4 早期解決

  離婚問題は、単に経済的利益の追求のみを図ればよいというものではありません。

  子どもの福祉も考えなければなりません。離婚の当事者のみならず、子どもも幸せにする必要があります。

  また、離婚問題という後ろ向きの作業にいつまでも時間をかけるべきではなく、その時間を次の幸せを手に入れるために費やすべきです

  そのため、離婚問題は早期に解決することが望ましいと考えています。調停・訴訟になると、1~3年もかかってしまうことから、当事務所では、調停・訴訟に移行する前に示談交渉で解決することを目標としています。

  もちろん、理不尽な解決案しか提示せず不誠実な態度に終始する相手方に対しては、訴訟も辞さず徹底的に争い、時間と労力を惜しまず、全力で正当な権利を勝ち取ります。