ひとりで悩まずにまずは相談予約 受付時間 9:00〜18:00 03-4567-8900 千里中央徒歩2分

Contents Access Map

大阪千里法律事務所
最寄り駅
千里中央駅 徒歩約1分
クリックすると拡大されます
地図

対応エリア

対応エリア豊中・箕面・吹田を中心とした
大阪府全域に対応

弁護士による離婚相談

弁護士による交通事故相談

弁護士による相続相談

家庭内暴力(DV)について

家庭内暴力(DV,ドメスティックバイオレンス)とは一般的に、家族内で行われる、夫や妻に対しての暴力(虐待)をさします。身体的暴行や性的な暴力やレイプのほか、暴言やストーキング行為など精神的にストレスをかけることも含まれます。また、恋愛関係にあるカップル間にも存在します。
 
家族内という人間関係の中で行われるため、家庭内暴力は外部からは極めてわかりづらく、犯罪として発覚することは極めて少なくなっています。
 
ご自身のためにも、まずは専門家である弁護士やカウンセラーにご相談することをお勧めします。
 
以下に家庭内暴力に関して、知っておいていただきたい内容をまとめました。
どうぞ、ご参照ください。
 
 

家庭内暴力の種類

家庭内暴力としてあてはまるものは以下のとおりとなっています。
被害を受けている方で、身体的虐待を受けている場合には認識しやすいものの、精神的虐待は外から見ても、ひいて自分自身でさえ気が付かない場合が多々あります。
 

身体的虐待

一方的な暴力行為を指し、例えば今まであった例をあげると、熱湯・水をかける・部屋に閉じ込める・突き飛ばす・殴る・蹴る・押さえつける・タバコの火を押し付ける・唾を吐きかけるなどがあてはまります。
 

精神的虐待

相手にストレスとなる行為を繰り返し行うことを指します。行動を監視する、子供や身内を殺すなどと脅す、日常的に罵る、無視する、ペットを虐待して見せるなどがあげられます。また、狂言自殺など(別れるなら死ぬという)も含まれます。
 

性的虐待

相手の気持ちを無視した、一方的に行う性的な侵害行為のことを指します。異常に嫉妬する、性交の強要や避妊をさせないなどがあげられます。
 

経済的暴力

お酒やギャンブル、女性に生活費をつぎ込む、買い物の決定権を与えない、生活費を渡さない、仕事をやめさせる、家のお金を持ち出す、などがあげられます。
 

社会的隔離

社会から隔離しようとする行為のことを指します。
電話やメールの発信者や内容を執拗に把握したがる、実家や友人から隔離する、外出を禁止するなどがあげられます。
 
自分自身が家庭内暴力を受けていることに気がつかないケースもありますので、少しでももしかしたらと感じた方は、まずはご相談ください。
 

DV被害者の心理

DV被害を受けている多くの女性は、暴力を振るわれている最中は恐怖を感じているものの、「これは本来の彼ではない。今が異常なだけであって、本来は優しい人なの」と思ってしまいがちです。安定期にある男性を本来の「彼」だと思ってしまうのです。
 
そのため、また、暴力を振るわれることへの恐怖や、逃げることの出来ない状態により、無力感に囚われ、暴力から解放されることを諦めるようになってしまいます。「私が耐えればいい」「どうやっても無理だ」という心理に陥ります。
 
結果として、悪循環に陥ってしまうのです。
 
 

なぜ家庭内暴力は起こるのか?

ここでは、家庭内暴力が起こるまでの流れをご説明いたします。
家庭内暴力には、一定のサイクルがあり、蓄積期、爆発期、安定期の三つの期間から構成されています。徐々にエスカレートしていくにつれ、これらの期間を循環するスピードも早まります。
 
以下が家庭内暴力のサイクルです。
 

①蓄積期

優しかった安定期の後に些細なことで怒るようになったり、神経質になってきたりします。女性を自分の思い通りにしたい、支配下におきたいという願望が満たされないことに対してストレスを溜め、内面にストレスを蓄積している期間をさします。
 

②爆発期

溜め込んだストレスが限界に達し、突然暴力を振るい始める時期です。暴力の衝動を抑えることができなくなっており非常に危険な状態です。女性の態度や行動が自分の思い通りにならないストレスを発散しており、暴力を駆使して女性を自分の思い通りに行動するように強要してきます。そして、これからも自分の思い通りにコントロールしやすいようにと恐怖心や無力感を植えつけようとするのです。
 

③安定期

暴力を振るうことによりストレスが発散され、比較的精神状態が安定している期間です。急に優しい態度になり、突然プレゼントを買ってきたり、「もう二度と暴力は振るわないから」などと優しいことばをかけてきます。ストレスが発散された事により、急に態度が変わりますが、その後、次の暴力に向かってストレスを溜め込んでいく蓄積期に移行していきます。
 
このように、常に暴力を振るうわけではなく、蓄積期、爆発期、安定期を繰り返し循環し、家庭内暴力は続きます
 
相手が優しい時期と暴力的な時期がある場合にはまずは専門家に一度ご相談ください。



離婚問題について

女性のための離婚に関する相談

「離婚」を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

離婚に必要な事由

慰謝料について

婚姻費用について

財産分与について

養育費について

離婚と年金の問題

親権者を誰にするのか

監護者とは

面会交流について

弁護士と行政書士の違い

家庭内暴力(DV)について

モラルハラスメント(モラハラ)について

あなたのお悩みを弁護士が解決します。お気軽にご相談下さい。

写真

事務所紹介

弁護士紹介

料金表

事務所までのアクセス